住宅ローンを申し込む前にすることとは?

住宅ローンを申し込んだらまず審査が必要です。
住宅ローンは最長35年という長い月日の返済になりますので、審査はとても厳重に行われます。
審査結果が出るのは約1週間後です。
結果は電話もしくは口頭で伝えられます。
審査の合否は一週間前後かかり、電話か口頭で伝えられます。
そして、審査が通れば本格的な契約に移ることができます。
この契約の時には、銀行から指定された書類をすべて揃える他実印・諸費用も揃えておきましょう。
諸費用は借りる額によって人それぞれですが、事前に銀行側から指示されます。
一般的には、数十万〜数百万単位の金額がかかると見ておくと良いでしょう。
将来、自の家を持つ。
というのは憧れるものです。
しかし、家は数千万単位する大きな買い物です。
そこで、現金ですぐに支払いができる。
という様子は誰でもできる事ではありません。
じゃあ、借金するにはどこで住宅ローンを借り入れすればいいのか?色々と方法はありますが、一番オーソドックスなのは銀行や信用金庫が良いでしょう。
自分でどこの銀行から借り入れするか選択しても構わないのですが銀行と不動産屋が連携している可能性もあるので、不動産屋に全てお願いしても良いと思います。
夢のマイホームを建てたいと考えたときに銀行系、ネットバンク系ならどこでも申請可能なマイホーム購入時の融資が頼りになります。
しかし、銀行や信用金庫は多数ありますから、どこのを選んでよいのか迷ってしまう方も多くいらっしゃると思います。
選び方の一つの方法としては、自分が行きやすい近場のところを選んだり不動産屋を通しても良いですし、ネットバンクなども審査申し込みは可能です。
けれども、どのパターンでも審査というのもが必ずあり審査申し込みさえすれば通るだろう。
という事でもないので注意してください。
これから、新築または中古の家を新築される方で親戚や家族にお金をももらって支払いに充てていく方は、この機会に贈与税について一緒に学びましょう。
両親からお金をもらう時に一定の金額を超えると発生する税金で、例を挙げると年間で110万円を超えるお金をもらった場合、約10%を税金として支払う義務があるのです。
110万円以下であれば、税金はかかりません。
思いもしないところから援助を受けることもあるので、返済をしっかりしていくためにも下調べが必要です。
今後必要になってくる税金や手数料も確認しておくと良いですね。
最近では様々な住宅ローンの商品が出回っており、今注目されている商品がどのような物なのか分らず、選べずにいるという方がとても多いのです。
そんな時に専門のアドバイザーに相談して、融資を受けるというやり方もありますが無料ではありません。
ただ私達はこれから利息を払い続ける立場ですので、アドバイスを受けるためだけにお金を払いたくない方が多いです。
今ではFPの資格を持っている仲介者が多く、専門の方に無料で相談する事も出来るのです。
探せる範囲でいいので自分でも検索しておきましょう。
住宅を新築する際、必ず保険銀行に加入します。
この保証銀行とは「団体信用生命保険」という保険になります。
この保険の内容は、世帯主に生命に関わる危機があった場合、残りのローン残金が0円になるという保険です。
これは残された家族に住宅ローンの残額が残らない様にする特別処置です。
保証銀行はその銀行によって違いますが保証料は銀行負担というのが一般的です。
こちらが保証料を支払う必要がないので、安心して住宅ローンを組む事ができます。

住宅ローン審査基準が変化している?最近の審査事情!【厳しくなった?】