火災保険の受取人は?

火災保険への加入を検討する時に、受取人はどうなるの?と気になったことはないでしょうか。
通常の生命保険などであれば、当然万一の際にお金を受け取るための、受取人を指定しなければなりません。
しかし火災保険は基本的に自宅などの物件に掛ける保険ですので、生命保険のように受取人を指定するということはなく、必然的に被保険者が受取人ということになります。
通常はその物件の所有者である方が、被保険者という扱いになります。
また有事の際に支払われる保険金についてですが、これは被害を補填するためのお金ですので、非課税となっており税金はかかりませんので安心してください。
火災保険に限らず保険のシステムは非常に難解ですので、疑問がある場合は契約前に必ず確認するようにしましょう。
妻に生命保険は必要か?お金の無駄では...【最低限の保障とは?】