住宅ローンアドバイザーになるには?

住宅ローンアドバイザーの試験では、資料を持ちこむことが出来ない試験として知られていますから、多くの方にとって、得やすい資格に思えないかもしれません。
実際のところ、合格率を見てみれば、合格てきていない方もいらっしゃることが現実です。
2012年度には、住宅金融普及協会の試験を受けた方は、42,141人となっており、そのうちの34,828人である、全体の82.
6パーセントの方しか資格を得られなかったことが分かります。
実に約8,000人の方が合格できなかったのです。
また、金融検定協会でなされている試験では、2011年度には、受験者が49,935人に対して、合格者数は36,528人となっており、合格率は73.
2パーセントとなっています。
こうやって考えると、まじめに勉強をする方にとっては、安い資格になっていますが、合格率からして、簡単な試験ではないことがはっきりと分かります。
住宅ローン金利シュミレーション!推移と動向は?【金利の疑問を解決!】